低価格の看板製作

イベントや展示会、または様々な案内を広く周囲に周知させるために、それを告知する方法には多様なものがあります。

チラシや広告を新聞などに折り込んだり、様々な場所にポスターを掲示するといったことも有効な告知方法の一つです。また、最近ではインターネットを活用した宣伝や広告活動も盛んに行われるようになってきており、様々なソーシャルネットワークサービスを活用することで、これまでとは比較にならないほどの大きな規模の宣伝活動を行うことが可能となっています。

しかし、こうした様々な手法とは違い、古くからあるアナログな手法で大きな効果を表すものに看板が挙げられます。看板は様々な形で人々の生活の中で使用されてきており、看板を目にする機会は生活するうえで非常に多いものとなっています。こうした看板は、専門の看板屋によって製作がなされますが、その告知の用途や設置する期間によっても、その形やデザイン、構造には大きな違いがあります。

屋外などで長期にわたって使用する看板は、紫外線や風雨にさらされてもその表記内容な劣化しないよう、耐候性や耐久性の高い素材で製作する必要があります。また、板面に印刷を施す場合には、耐水性のインクなどを使用しなければ、印刷面が劣化し、看板の機能を果たさなくなってしまいます。

また、長期間の使用となれば、その構造や素材も強度の高いものが必要となり、鉄骨などの金属を使用したり、コンクリートの基礎を作るなど、大規模な工事が必要になることもあります。こうした用途に対し、比較的設置期間の短いものを製作するのであれば、強度や耐久性をそれほど重視する必要がないため、板面にビニールや布を使用した簡素なものや、木骨で作られたものも広く使用されています。こうした短期用の看板は、製作価格が安価なことも大きな特徴で、イベントなど、短期間の使用ながら、会場周辺に多数設置する必要があるときなどは、こうした仕様のものを採用することで、看板製作にかかるコストを大幅に削減することが可能となります。また、こうした仕様の看板は、取り付けや撤去に関しても非常に少ない労力で済ませることができるため、看板設置に関する人件費の削減にも活用することができます。

木骨を使用したものであれば、板面のビニールや布を張り替えることで、また再利用することができるため、定型の大きさで製作しておけば、同じ大きさのものが数多く必要になった時でも、少ない予算で看板製作を行うことが可能です。